マルスギ

インクジェットデジタル捺染

ICHINOSEオートスクリーン7000番

弊社は素材や用途に合わせ4種類の染料をお選び頂けます。

インクジェットデジタル捺染の特徴

デジタル捺染の最大の特徴は1m〜プリントできてしまうところです。
これまでの技術で必要だった。製版の必要がなく、デジタルデータさえあれば、すぐにプリントを行なうことができるのです。

これにより、必要なときに、必要なだけ、生産すればよいという、小ロットでのプリントを行なうことができます。
弊社では前処理〜仕上げまで一貫工程で行なっており、小ロット、短納期化を実現しております。

特に反応染料、分散染料プリントは、前処理、蒸し、水洗、整理・乾燥が必要なため、各種設備が必要となります。
弊社では前処理、後処理用の設備を整えており、国内生産に求められる小ロット、高品質、短納期のプリントサービスを実現しております。
小さな会社ならではの小回りの聞く対応で、お客様のご要望に親身にお答えします。いつでもお気軽にご連絡ください。

弊社の特徴

弊社は反応、分散、昇華分散の3種類のインクを用いたテキスタイル(布・生地)プリントを行なっています。
これにより、様々な生地素材に適正なオリジナルプリントを行なうことができます。

国内でも多種のインクを扱っている工場は少ないと思います。
他社は1種か多くても2種類のインクの取り扱いがほとんどです。
なぜなら、それぞれのインクによって染色方法がすべて違い、技術確立が難しいためです。
弊社はあえてそれに挑戦し3種類のインクの取り扱いに成功致しました。
これにより様々な生地に様々なプリントを行なうことが出来ます。

※溶剤インクにてターポリンや圧着メディアへの出力もはじめました。
合わせると、計4種のインクに対応できます。

弊社はオートスクリーンプリントを用いた捺染業から、デジタル捺染をはじめております。
捺染屋のインクジェットとして色にこだわったデジタル捺染を目指しております。
これまでのインクジェットでは不可能とされていた濃色表現を得意としています。

私たちはテキスタイルプリント(捺染)の専門家です。
お客様が困ったときにご相談頂けるプリント工場を目指しております。
お客様のご要望に従って、適正なインク、染色方法をご提案させていただきます。