マルスギ

インクについて

私たちデジタル捺染を営んでいる業者でも、インクの種類をお客様に明確にお伝えしていない
業者が多くあります。

インクについて、ぜひお客様にも理解していただきたいと思い、下記に記しました。
ご一読ください。
わからない部分があれば、お気軽にお問い合わせくだい。


現在弊社が保有しているインクジェットのインク(染料)

反応染料、分散染料、昇華分散染料となっております。

インクによる素材対応表

綿 ポリエステル シルク ウール ナイロン
反応染料 × × ×
分散染料 × × × ×
昇華分散染料 × × × ×
酸性染料 × ×
顔料

→弊社が保有しているインクジェットの染料タイプ

各種インクによる工程と特徴

反応染料
  1. 前処理
  2. 布にダイレクトプリント
  3. 蒸し
  4. 洗い
  5. 整理・乾燥
分散染料
  1. 前処理
  2. 布にダイレクトプリント
  3. 蒸し
  4. 洗い
  5. 整理・乾燥
昇華分散染料
  1. 転写紙にプリント
  2. 昇華転写
酸性染料
  1. 前処理
  2. 布にダイレクトプリント
  3. 蒸し
  4. 洗い
  5. 整理・乾燥
顔料
  1. (前処理)
  2. 布にダイレクトプリント
  3. 熱処理

分散染料と昇華分散染料の違い

  • 分散染料は昇華分散染料に比べ、工程が多いため、高価なプリントとなりますが
    対光堅牢度が強く熱による色移りがしにくい為、カーテンやアパレル用途向けといえます。

  • 昇華分散染料は工程が少ないため、安価にプリントできます。
    のぼりやタペストリーなどの資材品や、スポーツアパレル、ハッピによく使用されています。
    他社さんのインクジェットプリントは大体、昇華分散染料です。
    弱点としては昇華分散はアイロンなどで再昇華して色が移ってしまう場合があります。

酸性染料について

・酸性染料については、今後需要が出てくるようであれば考えていきたいと思います。